マドリッド観光のノウハウ

MADRID

スペイン広場

モニュメント の開館時間、休館日などの情報はこちら


セルバンテス列車に乗ってアルカラ・デ・エナレスへ<2016年>
中世シグエンサへの列車の旅<2016年>
イチゴ列車に乗ってアランフエスへ<2016年>


プラド美術館の最新情報

プラド観光のキーポイント
団体観光では無く、フリーで行かれる方のための、この美術館の混み具合情報としては、
まず9時〜10時までは2階が混んでいます。この時間帯は地上階を見学するのが得策でしょう。
曜日に関わらず平均して空いているのは、スペイン人が昼食をとっている14時から16時頃です。

注意事項としては、館内入場の際、リュックサックや大きなカバン、
折りたたみではない長い傘は預ける必要があることと、飲食物の持ち込みはできないこと、
それから館内の写真撮影、ビデオ撮影が禁止であることぐらいでしょうか・・・

開館時間・・・月〜土曜 10:00〜20:00、日曜・祝日 10:00〜19:00 (1月6日、12月24、31日は14:00まで) 

月〜土曜の18:00以降、日曜・祝日の17:00以降は常設展は入場無料です(特別展は50%割引)

閉館日・・・5月1日、12月25日


ソフィア王妃近代芸術センターの最新情報

ソフィア王妃近代芸術センター観光のキーポイント


           さて、マドリッドを訪れる人の多くはこの美術館も楽しみにしておられるようですが、団体旅行の行程には
           含まれていないことがほとんどです。そのため自由時間を利用して自分で行くしかありませんが、マドリッド
           での時間が一日しか無い場合、午前中にマドリッド市内観光をして午後に近郊の町トレドへ観光に行くとすると、
           もうこの美術館を見ることができない、、と諦める人がいます。
           しかし、実はこの美術館、日・祝日を除くと夜の9時まで開いています(閉館15分前から閉館の準備を
           始めるようですので、少し余裕を持って入りましょう)。通常のツアーで午後のトレド観光を行った場合、
           マドリッド市内に戻ってくるのが18時半〜19時頃ですから、それからまだ十分に美術館へ行く時間があります。
           すぐに諦めないで市内へ戻る時間を確認し、トレドとソフィア王妃美術館の両立を実現しましょう。

本館開館時間・・・月曜、水〜土曜 10:00〜21:00、 日曜 10:00〜19:00(14:15以降は一部開館)

月曜、水曜〜土曜の19:00以降、日曜の13:30以降は入場無料です

閉館日・・・毎週火曜日、1月1、6日、5月2、16日、11月9日、12月24、25、31日


王宮




王宮  マドリッド・ロイヤル・パレス、、、これは是非とも観光したいところですが、最近、かなりの不便が
 生じています。と言うのも、一般のフリーで訪れる客と、団体でくるグループ客との入場口を分ける
 ことになり、更に、グループとグループの間に約10分間の時間差を設けることになった結果、
 入場するだけで、かなりの時間、待たされることもあります。
 フリーで行く方はとりあえず、運が良ければそれほど待つ必要は無いかもしれませんが、、

             王宮観光のキーポイント
 個人で行く方は内部観光の方法が二つあって、一つは王宮所属のガイドさんに英語、もしくは
 スペイン語で案内してもらうか、ガイドなしで、中にいる沢山のグループの合間をすーっと
 通り抜けて行くかどちらかです。ガイド無しでの通り抜けは許可される時と駄目な時とがありますが、
              許可されているようであれば、特に、混んでいる時には迷わず、通り抜けスタイルで観光するのが
              得策でしょう。あまりにもとられる時間が違います。
              それに、スペインなまりの英語でのガイドの内容がよく判る人は極めて少ないのでは無いでしょうか、、、

開館時間・・・4月から9月 10:00〜20:00、10月から3月 10:00〜18:00

閉館日・・・1月1日、1月5日(Real ArmeriaとExposicion temporalのみ開館)、1月6日、1月7日(11:30〜18:00のみ開館)、以降未発表
上記以外にも、公式行事のある時は閉まります。


(2016年1月現在)

SNJ提供の情報リンク集

レストラン情報

フラメンコ場情報

闘牛情報



別の街を選ぶ


スペイン総合情報


「ABC OF SPAIN」に記載のすべての事項に関する無断転載をお断り致します