((((( スペインなんでも情報 リアルタイム!! )))))


今日、明日のお天気は?

6月6日 スペイン時間午前11時現在、マドリッドの気温は23度、快晴。

 ガリシア北部とカンタブリア海沿岸部は厚い雲に覆われ、最東部では雨模様のお天気となるでしょう。雨の範囲は徐々に西へと広がっていきますが、雨足は弱くなっていく見込みです。
その他の本土の北半分では晴れ、または晴れ時々曇りとなりますが、午後になると山岳地域を中心に雲が発達してにわか雨や嵐が見られ、特にピレネー東部、カタルーニャ、イベリア山系西部では激しく降る所があるでしょう。
カナリアス諸島では、標高差の大きい島々では午前中は曇り時々雨となり、午後は晴れてくる見込みです。それ以外の地域では晴れ時々曇りとなり、午後になると雨が降る所もあるでしょう。
その他の地域では、本土の南半分で午後になると時々雲が広がり、内陸部で雲が発達するほかは、全国的に晴れて快晴となりそうです。
 気温は、日中は本土東部と南部の多くの地域とバレアレス諸島で高くなり、それ以外は全国的にほとんど変わらないでしょう。
カナリアス諸島では、引き続き例年よりかなり高い気温となる模様です。  

6月7日の予報

 本土、バレアレス諸島、ジブラルタル海峡付近では多くの地域が雨雲に覆われ、非常に不安定なお天気となるでしょう。
アラゴン周辺、カタルーニャ、バレンシア北部、イベリア山系、セントラル山系東部では所により風や雹を伴った嵐となる可能性があり、その他の本土北部とジブラルタル海峡付近では午後には雨は止んできますが、内陸部ではにわか雨が降る可能性があります。
本土南東部の沿岸部と本土南部、本土最西部では降水確率は低くなりますが、本土南東部の内陸部では午後になるとにわか雨が見られ、バレアレス諸島でも強いにわか雨が降る所があるでしょう。
カナリアス諸島では全般に晴れ時々曇りとなり、標高差の大きい島々では小雨が降る見込みです。
 気温は、全国的に最高気温が低くなり、特に本土北部の内陸部では大きく下がるでしょう。 



スペイン気象庁発表の天気図はこちらです。

上記の「こちら」をクリックすると、別ウィンドウでスペイン気象庁のページが開きます。
下に掲載しているような天気図が表示され、お天気や気温、降水確率などが左側の項目から選べるようになっており、
見たい地域を地図上でクリックすると、その地域の詳細を見ることもできます。
スペイン語のページですが、下の図を参考にご覧下さい。




最初のページへ


当サイトに記載のすべての事項に関して無断転載をお断り致します

QUEDA TOTALMENTE PROHIBIDA LA REPRODUCCIÓN, LA REPUBLICACIÓN, O COPIAR CUALQUIER CONTENIDO DE NUESTRAS PÁGINAS.