スペイン・ロングステイ編
オプショナル文化活動・日帰りコース


 世界遺産トレドの町を終日かけてのんびりと散策コース(日帰り) 

古都トレドの奥深さ、、500年以上前から誇らしげに町を見下ろすスペインカトリック総本山とは名前だけではありません、、、
SNJ日西文化協会公認・スペイン文化アドバイザーの解説と共に、スペインの根底に流れるカトリック文化をじっくりと感じとり、 異文化との合流、共存の歴史を学んでみましょう。 

トレド ☆主な内容 (マドリッド → トレド → マドリッド)
  • 09:30 SNJ日西文化協会メンバーズハウスより出発。国鉄アトーチャ駅へ向います。
  • 10:20 超高速列車AVANTにてトレドへ。(曜日によって列車の時間が変更になる事もあります)
  • 10:50 この町一つを見ればスペインの全体像を垣間見る事が出来るとまで言われる古都トレドに到着。   着後、一日かけて世界遺産トレドの見学を行ないます。 
  • 17:25 ゆっくりとトレドを見学頂いたあと、再び、超高速列車AVANTにてマドリッドのアトーチャ駅へ向けて出発。
  • 17:55 マドリッド・アトーチャ駅に到着です。 スタッフがメンバーズハウスまでお送りします。
2名様での参加費用例:(2名様の合計費用です)

ロングステイと同時申し込みの場合・・ 316ユーロ
ロングステイとは別に後日お申し込みの場合・・ 351ユーロ

トレド
トレド
トレド



 世界遺産アビラの町を終日かけてのんびりと散策コース(日帰り) 

ここも、旧市街全体が世界遺産の指定を受ける町です。国土回復運動の時代に築かれた城壁が非常に良く保存される町として
知られていますが、ローマ時代の遺跡は勿論、紀元前30世紀頃の遺跡までもが現代の生活空間に溶け込んでいるのを
垣間見る事も出来る町です。
また、カトリックの聖人として有名な大テレサの生地としても世界に広く知られる町です。
SNJ日西文化協会公認・スペイン文化アドバイザーの解説と共に、紀元前30世紀から現代に至るまで、脈々と続いてきた 人類文明の途切れる事の無い「積み重ね」のようなものを感じ取ってみましょう。

アビラ

☆主な内容(マドリッド → アビラ → マドリッド)
  • 09:00 SNJ日西文化協会メンバーズハウスよりバスステーションに向けて出発。
  • 10:00 路線バスにて、アビラの町へ向います。(曜日によりバスの時間は変動があります)
  • 11:30 アビラに到着です。夕刻までかけて、ゆっくりとこの世界遺産を見学しましょう。
  • 18:00 路線バスにてマドリッドへ向けて出発です。
  • 19:30 マドリッド到着。 メンバーズハウスまでスタッフがお送り致します。 

往復のバスの時間は自由に変えられます。

2名様での参加費用例:(2名様の合計費用です)

ロングステイと同時申し込みの場合・・ 305ユーロ
ロングステイとは別に後日お申し込みの場合・・ 348ユーロ

アビラ
アビラ
アビラ



 世界遺産セゴビアの町を終日かけてのんびりと散策コース(日帰り) 

ここもまた旧市街全体が世界遺産に指定される街です。 ローマ時代の遺跡にしてはあまりにも良く保存されている水道橋や、
スペイン・ゴシック時代の最後を飾る大聖堂、ディズニーの白雪姫のお城のモデルになった事でも知られるアルカサルなどの他
スペイン北部にのみ多く残るロマネスク様式による教会建築などが町中に沢山見られます。
 やはりこの町も、古くから人間の生活が切れ目無く続いて来たその延長上に、現代人の生活があるのだと言う事を
実感させてくれる町ではないでしょうか。 SNJ日西文化協会公認・スペイン文化アドバイザーの解説と共に、この人類遺産を夕刻までかけて、じっくりと見学してみましょう。

セゴビア
☆主な内容(マドリッド → セゴビア → マドリッド)
  • 09:15 SNJ日西文化協会・メンバーズハウスを出発。バスステーションへ向います。
  • 10:00 路線バスにてセゴビアへ向かいます。(曜日によりバスの時間は変動があります))
  • 11:30 セゴビアに到着。夕刻までかけて、ゆっくりとこの世界遺産を見学しましょう。
  • 18:00 路線バスにてマドリッドへ向けて出発です。
  • 19:30 マドリッド到着。 メンバーズハウスまでスタッフがお送り致します。 

往復のバスの時間は自由に変えられます。

2名様での参加費用例:(2名様の合計費用です)

ロングステイと同時申し込みの場合・・ 305ユーロ
ロングステイとは別に後日お申し込みの場合・・ 335ユーロ

セゴビア
セゴビア
セゴビア



 世界遺産アランフエス王宮と文化遺産チンチョンの町を終日かけてのんびりと散策コース 
(日帰り)

チンチョンはメジャーな観光地ではありませんが、だからこそ静かに伝統的な田舎の良さを楽しませてくれる村です。
のんびりとスケッチをしたり、名物のニンニク料理、アニス酒などを頂きながら昔ながらの広場でボーっと過ごすのも 楽しいものです。アランフエスはマドリッドに本宮を置くスペイン王家が離宮を築いた町です。 乾いた大地が続く中、川が流れ緑が潤うオアシスとして王家がこの地を選んだのでしょう。 この地の美しさは、作曲家ホアキン・ロドリーゴが、その代表作アランフエス協奏曲に表し、 その2楽章の物寂しげなメロディーは世界中で親しまれています。 SNJ日西文化協会公認・スペイン文化アドバイザーの解説と共に、ひなびた田舎町の良さと 歴史的事件の舞台ともなったオアシスの町、アランフエスの見学を一日かけて見学してみましょう。

アランフエス
☆主な内容(マドリッド → アランフエス → チンチョン → マドリッド)
  • 09:30 SNJ日西文化協会・メンバーズハウスを出発。バスステーションへ向います。
  • 10:10 路線バスにてアランフエスへ向かいます。
  • 11:10 アランフエス着。 アランフエス離宮と庭園を中心に見学します。 
  • アランフエスの見学を終えたあと、タクシーにて近くの村、チンチョンへ移動します。
  • 半時間ほどで到着です。 昔ながらの雰囲気を残したこの村で田舎料理でも頂きながら のんびりとした午後をお楽しみ下さい。
  • 夕刻、路線バスにてマドリッドへ。 マドリッド着後、地下鉄にてメンバーズハウスへ。

往復のバスの時間は自由に変えられます。

2名様での参加費用例:(2名様の合計費用です)

ロングステイと同時申し込みの場合・・ 328ユーロ
ロングステイとは別に後日お申し込みの場合・・ 372ユーロ

アランフエス
チンチョン
チンチョン

お問い合わせ、お申し込みは下記、文化部のアドレスまでご連絡ください。
通常、ご連絡を頂いたあと、2、3日以内には必ず何らかのお返事を差し上げます。 お返事が無い場合は、ネット上の トラブルのため、メールが届かなかった可能性がありますので、再度、ご連絡を頂きますようお願い致します。
また、それでもお返事が届かない場合は、皆様が受信された際、セキュリティーシステムが迷惑メールと誤認して、 迷惑メール用フォルダーに格納した可能性がありますのでそちらをご確認下さい。 
それでも、連絡がとれないような場合は、その旨、掲示板を通じてご連絡頂きますようお願い致します。
なお、携帯電話のメール設定が最初から「携帯電話からのメールしか受信しない」という設定になっていることが多いようです。こちらはパソコンから送信しておりますので、携帯電話のメールをご利用になる場合は、パソコンからのメールを受信できるようになっているか再度ご確認ください。