スペイン・ロングステイ編
オプショナル文化活動・外泊コース4


 パンプロナから世界遺産カミーノ・デ・サンティアゴを歩く文化旅行(5泊6日) 
適した季節・・・冬と真夏以外
主な訪問地: 
ヤコブ(サンティアゴ)巡礼路・パンプロナ〜ログローニョまで。

世界遺産、ヤコブ巡礼路に残る歴史と文化を学びながら歩く旅・第2部です。

ここでは、パンプロナから直接ナバーラの路へ入らず、あえてパンプロナのすぐ 横を通るアラゴンの路にある小村から開始します。理由はナバーラの路とアラゴンの路が 合流するすぐ手前、アラゴンの路上にどうしても 見て行きたいロマネスク建築が残っているからです。 アラゴンの路を少し歩いて オバノスに到着すると、そこから先、巡礼の路は1本に統一されます。 第一部に比べると、より歴史的モニュメントが沢山あるのが特徴です。山岳地帯を通る事は少なく、ナバーラから ラ・リオハ地方に広がる広大な麦畑やブドウ畑の中を歩きます。点在する村々には ローマ時代の遺跡からロマネスク様式の教会、ゴシック様式の教会などが多数見られます。 これらの豊かな歴史的遺産と触れながら巡礼をしてみましょう。 第一部と同様に、ハイキングとして自然と親しむのも良し、歴史探訪の旅をするも良し、 カトリックの信仰を持って本来の巡礼を行なうのも良いでしょう。 1000年以上も前から人々が歩いたルートです。今日まで世界遺産として 伝えられたこの素晴らしい路を、それぞれの目的を持って歩いてみましょう。 日本人の協会スタッフが歴史的、宗教的な解説を加えながら旅を進めていきます。

皆さんの都合の良い日に出発しましょう!

☆1日目 (マドリッド → パンプロナ → 巡礼開始)
  • 06:30 専用車またはタクシーにてマドリッド市内にあるSNJ日西文化協会メンバーズハウスよりアトーチャ駅へ向けて出発。
  • 07:15 特急アルタリア号にてパンプロナへ移動。
  • 10:55 パンプロナ着。 着後、タクシーにてパンプロナのすぐ横を通過する サンティアゴ巡礼路・アラゴンの路上にある小村へ移動します。いよいよここから徒歩巡礼開始です。
  • 今日は初日ですから軽くウォーミングアップ。おだやかな路で約8キロの行程です。 素晴らしいロマネスク建築による教会を訪れたあと、少し歩くとナバーラの路と アラゴンの路が合流する村、オバノスに到着です。 ここで2本の巡礼路は1本となって 聖地サンティアゴ・デ・コンポステーラへと続きます。 今日は余裕をもって目的地まで辿り付けますから、中世の村並みを見学したり、 また夕刻にはゆっくりとサンティアゴ巡礼の歴史について語り合いましょう。

巡礼路上の宿に泊






☆2日目 (歩く巡礼)
  • ××:×× 徒歩巡礼に出発。今日は朝からしっかりと歩かなければいけません。 約22キロの道程です。途中、そこそこの登りもありますから、何度か休憩を入れながら 慌てず、一歩一歩踏みしめながら歩きましょう。 
  • 体力的にきつい方は、無理をしないで必要とあれば、途中でタクシーを利用されても良いと思います。 
  • 道中、ロマネスク建築やローマ時代の遺跡などが見られます。

巡礼路上の宿に泊




☆3日目 (歩く巡礼)
  • ××:×× 引き続き歩いての巡礼です。今日も20キロちょっとを目標にして 歩きましょう。
  • 途中、村も何もない大地をひたすら10キロ以上歩く場面もありますから 無理だと思う方は、ここでも無理をせずにタクシーを利用しても良いと思います。
    元気な方は頑張って歩きましょう。 延々と広がる麦畑の中を歩くのも気持ち良いものです。

巡礼路上の宿に泊




☆4日目 (歩く巡礼)
  • ××:×× 引き続き歩いての巡礼です。今日は20キロ弱が目標です。  途中、一部だけ登りもありますが、全体的にはなだらかな路です。 道中に点在する村々にはやはり素敵な歴史的モニュメントが多数残っています。 これらを見学しながら慌てずゆっくりと歩きましょう。 
  • 毎日20キロ前後の行程が続いていますから足が痛くなった方は、無理をせず、タクシーの利用をスタッフに 申し出るようにして下さい。 元気な方は頑張って歩きましょう。

巡礼路上の宿に泊




☆5日目 (歩く巡礼 → ログローニョ着)
  • 今日はのんびり10キロ弱歩くと、目的地、ログローニョに到着です。
  • 久しぶりの大きな街です。ゆとりを持って到着したあと、街見学をしましょう。 教会をはじめ、沢山の歴史的建造物は勿論、リオハ美術館なども訪れたいところです。
  • また、ここはワインで有名なラ・リオハ地方の首都でもあります。 久しぶりにちょっと良いレストランで美味しいお料理とワインで力をつけるのも 良いかもしれませんね。 夜、元気な方は飲み歩くのにも最高に楽しい街です。

    ログローニョの宿に泊




☆6日目 (ログローニョ → マドリッド)
  • 各自の予定に合わせて解散です。
  • ログローニョでの連泊を希望される方は予めその旨、お伝え下さい。
  • ホテル、鉄道、飛行機などのチケット手配を希望される方はお気軽にご相談下さい。
  • 引き続き、協会スタッフの同行をご希望の方は、予め、ご相談下さい。
  • この日、協会スタッフとマドリッドへ戻りたい方は、予めその旨、お伝え下さい。
    マドリッドのメンバーズハウスまでご一緒致します。

    MH帰着

2名様での催行費用例:(2名様の合計費用です)

ロングステイと同時申し込みの場合・・ 2673ユーロ
ロングステイとは別に後日お申し込みの場合・・ 2970ユーロ



旅のテーマと目標

備考

お問い合わせ、お申し込みは下記、文化部のアドレスまでご連絡ください。
通常、ご連絡を頂いたあと、2、3日以内には必ず何らかのお返事を差し上げます。 お返事が無い場合は、ネット上の トラブルのため、メールが届かなかった可能性がありますので、再度、ご連絡を頂きますようお願い致します。
また、それでもお返事が届かない場合は、皆様が受信された際、セキュリティーシステムが迷惑メールと誤認して、 迷惑メール用フォルダーに格納した可能性がありますのでそちらをご確認下さい。 
それでも、連絡がとれないような場合は、その旨、掲示板を通じてご連絡頂きますようお願い致します。
なお、携帯電話のメール設定が最初から「携帯電話からのメールしか受信しない」という設定になっていることが多いようです。こちらはパソコンから送信しておりますので、携帯電話のメールをご利用になる場合は、パソコンからのメールを受信できるようになっているか再度ご確認ください。

一部、http://www.mudicamino.com とナバーラ州政府観光局より使用許可を頂いた 写真を使用しています。